同種の車のバックオーダーに巡り合う確率を高くする

輸入車を売却するとき最も驚かされるのは、国産車に比べて値段の落ち方が大きいことなのではないでしょうか。

購入するときは値段が高いのに売るときは思ったより安くなってしまうというのが輸入車の一般的な傾向だというのは間違いないようです。

なぜ輸入車は中古車になったときの買取価格が安くなってしまうのでしょうか。

それはやはり輸入車がニッチな存在で国産車に比べて「売りにくい」ということに尽きるのではないでしょうか。

店頭に並べても売れにくい車は、それだけで売れ筋の車よりも在庫経費がかかることになります。

また、品質が優秀な日本車に比べると故障が多いことも根落ちを大きくしていると考えられます。

具合が悪くなる確率が高いと販売後の保証のためのコストが大きくなるため、どうしてもそのリスクを見込んだ買取額になってしまうということですね。

さらに、中古車相場が比較的安定している国産車と違い、輸入車は中古車の相場の変動が大きいこともリスク要因になり買い取り価格を低くしているとも言われています。

こうしてみてくると、輸入車を高値で売却するというのはなかなか大変なことのように思えてきます。

でも、そんな状況の中でも何かしら突破口になるような方法はないものか調べてみようというのがこのサイトの趣旨です。

■輸入車を売却する方法にはどんなものがあるか

まずは輸入車を売却するための選択肢にはどんなものがあるかを整理してみましょう。

・国産車のディーラー

日本車に乗り換えるのであれば、まずは国産車のディーラーーに下取りに出すという方法があります。

新車を売るためですからディーラーは下取りはするでしょうが、価格面から見たらこれは最悪の選択になるのではないでしょうか。

そもそも国産車ディーラーからみれば輸入車というのは国産車のシェアを脅かす敵なのですから、輸入車の中古車相場を上げるような前向きの評価を期待するのは無理なことでしょう。

中古車だって国産車の方が売れてくれた方が下取り車の流通上都合がいいのです。

・輸入車の新車ディーラー

同一メーカーの車なら輸入車の新車ディーラーは国内ディーラーよりはましかもしれません。

外車専門店や顧客などから下取り車に着目したバックオーダーが入っている場合もあるかもしれません。

バックオーダーが無くても、自社ブランドの価値を下げないようにようにするために国産車ディーラーよりは頑張る要素があると思います。

メーカーが違う場合、つまり例えばBMWの新車ディーラーにWVの車を持ち込んでも、ディーラーとしては業者オークションに出して捌くしか方法はないのではないでしょうか。

そうなると国産車ディーラーと五十歩百歩ということになってしまいます。

・車買取専門店

車買取専門店と一口に言っても最近では大きく分けて二つのパターンがあります。

一つは買取車を業者オークションに出すことをメインとして、基本的に店頭では展示販売しないというタイプです。

このタイプの買取店はオークション出品、搬送、中間マージンなどを見込んだ価格で買取をしますので、基本的には国産車ディーラーの下取りと似たようなものになってしまいます。

もう一つは、例えばカーチスやカーセブンなどのように、買取車をオークションに出さずに自社の店頭で直売するというタイプです。

オークションを経由させるための中間コストがスッパリ省略できますので、その分高く買取りでき、また安く販売できるというわけです。

買取だけでなく販売も同時に行っていますので、輸入車のバックオーダーも期待できるでしょう。

輸入車を車買取専門店で売ることを考えているのなら、ねらい目はこのタイプの買取店になると思います。

・輸入車専門店

買取車を直売するタイプの車買取専門店を輸入車に特化させたような形になっているのが中古輸入車専門店です。

輸入車専門ですから輸入車の取り扱いも多く、バックオーダーが入る確率も最も高いはずです。

当面マッチするオーダーが無くても、委託販売の形でマッチングを待つという方法を採ることもできます。

近年では、例えば外車王などのように全国展開をしている業者も増えていますので、輸入車の売却にとっては欠かせない選択肢になると思います。

■バックオーダーにめぐり合える確率を少しでも高くする

こうして輸入車の売却先の選択肢を並べてみると、買取システムの違いのほかにバックオーダーの確率の違いも浮かび上がってきます。

輸入車ではないですが、数年前に廃車にするしかないようなオデッセイ(12年もの、11万キロ超走行)を、たまたまマッチするバックオーがあってなんと9万円で買取ってもらったことがあります。

このように引き合いがあるかどうかというのは買取価格に大きく影響してきます。

通常の方法では高値売却が難しい輸入車の場合、このようなバックオーダーの確率の高い所を中心に攻めてみるというのが効果的だと考えます。

自分でコツコツ探すのは大変ですが、幸い今では「車一括査定」という便利な無料査定サービスがありますので、これを使って網を掛けることによりお目当ての業者をあぶりだすことができます。

■お得な輸入車売却の具体的な手順は?

では具体的にどのような手順で進めればバックオーダーにめぐり合える確率が高くなるのでしょうか。

まずは、上で紹介した車一括査定でできるだけ多くの車買取店に網を掛けます。

一つの一括査定サービスで4~5社のオファーを確保できるでしょうから、一括査定を二つあるいは三つ使うことにより10社以上の確保も可能でしょう。

これにより上で紹介した直売タイプの買取専門店が網にかかることになります。

そして一括査定での最高額が確認できたら、次は全国展開の中古輸入車専門店に査定を依頼してみるのです。

「一括査定では○○万円でしたがこれより高値が付けられるでしょうか」といった具合になりますね。

専門店の意地もありますからさらに高値が付くかもしれませんし、そうでなければ一括査定で最高額だったところに売却すればいいのです。

いかがでしょうか。一括査定を利用すればそう難しいことではないと思います。

かつてのように車買取店を一軒一軒まわるのでは、査定マンとのやり取りだけで気疲れしてしまうものです。

一括査定なら「一番高い所に売る」と告げるだけで各社がお互いに競争してくれるのですから、これほど楽なことはありません。

一括査定と中古輸入車専門店の無料査定、ぜひこれらを活用していい結果を得られることを祈っています。

このページの先頭へ