初めて輸入中古車を買うときは信頼できるディーラーを選ぶ

特別に個人輸入する人はさておき、初めて輸入中古車を買うときは、信頼できるディーラーを選ぶことが第一と言えます。

そして、輸入車ばかり乗ってきてたくさんの経験のある人の言うことには、購入した輸入車にトラブルがあるときは、ある共通点があるといいます。

その共通点とは、購入した輸入車が平行輸入車ということです。

輸入車には、正規の輸入車と並行輸入車があり、正規輸入車は日本人向けに生産されて、日本で型式認定を受けるなどをしています。

それに対して、平行輸入車の場合は、一般の輸入業者が外国で販売されている新車や中古車を購入してきて販売しています。

従って、輸入車の中古車を買う時は、正規ディーラーから「認定中古車」を購入したほうが安心と言えます。

また、輸入車に限らず新車には故障を起こしやすい、いわゆる外れの車もありますが、走行履歴によってそれが判明する輸入中古車の場合は、外れの車を避けることが出来るという利点もあります。

輸入車に乗り続けてきたその方は、ある意味、認定中古車は輸入車の新車を買うよりも安心できると言っています。

現在はたくさんの輸入車のディーラーがあり、ほとんどはそのなかから自分の好きな輸入車が買える時代になっています。

しかし、そのなかに自分の希望する輸入車がないからとか、国内のディーラーでは納期がかかり過ぎるからなどの理由で個人輸入する人もいるようです。

しかし、海外から車を個人輸入するとなると相当大変で、海外との交渉も、輸入手続きも戸惑うことばかりです。

また、保有している外貨で買い物がしたいなど個人輸入の事情は様々なようです。

■「認定中古車」を過信していはいけない

中古の輸入車で注意しなければいけないのは、「認定中古車」といえどもそれを過信してはいけないということだと思います。

「ディーラーの認定中古車」といえば聞こえはいいですが、誰がどういう基準で決めているのかがはっきりせず、単に車を売りやすくするために「認定」と言う言葉を使ったとしか思えないようなケースもあるといいます。

プロがオークションで落札した「認定中古車」でも、その中にもとても許せない不具合のある車が出てくるようで、ましてや素人にとっては怖い話です。

プロの業者でああれば結局利益を削って修理して納車することになるんもでしょうが、一般ユーザーであれば、憧れの輸入車のために悲惨なカーライフを送ることになりかねません。

こりゃダメだと手放そうと思っても、そのような状態だと思うような価格での車買取は難しいでしょう。

このような話は特定のブランドに限った話ではなく、シトロエン、BMW、VW、ベンツ、ポルシェなどどのメーカーの車でもあり得ることのようです。

やはり中古の輸入車を購入することを考えている方は、ある程度実車を見て不具合に気付く程度の知識と「眼」を備える必要があるようです。

大手の販売店に「認定中古車」として展示販売されていても、決してそれだけで品質を過信することのないよう、注意が必要です。

このページの先頭へ