アメ車には識別コートVIN、シリアルナンバーがある

輸入車のなかでもアメ車は相も変わらず人気は根強いです。

人が振り返るようなアメ車、そんなアメ車で走ったらさぞかし心地良いことでしょう。

そんなアメ車の識別コートVIN、シリアルナンバーがあります。

17ケタの車種別の個体番号シリアル番号は、純正の部品を探すときに、このナンバーを提示することで間違いのない部品が手に入るので便利です。

このシリアルナンバーは、車の製造過程でつけられますが、生産するときに、車種や仕様が10ケタの数字で記録されます。

したがって、日本の車体番号がアメ車のシリアル番号ということなのです。

90年代になってからアメ車のシリアル番号は17ケタになりましたが、それ以前は12ケタでした。

シリアル番号が付けられている位置ですが、フロントガラスの右下のダッシュボードか、あるいはドアの横にあるステッカーか、グローブボックス内やシートベルトの付け根などにシリアル番号が付けられています。

日本の車体番号が車体の下に、そして、付ける位置が決まっているのとは大きな違いです。

アメ車のシリアル番号は左から順に、1番が製造国、2番がメーカー、3番が車のタイプ、4番が車両重量、5番が車名、6番~7番には駆動ほか車種タイプ、8番がエンジンの型、9番が製造工場内の番号、10番が年式、11番が組み立て工場の番号、12番~17番にシリアルナンバーが記載されています。

価格が高額なアメ車ですが、メリットは日本仕様に改善されていて乗りやすいこと、ブランドと安心感があると、アメ車ファンは言っています。

このページの先頭へ