BMWジャパンはBMWを楽しんでみるために最適

輸入車のなかでも特に人気のあるのがBMWです。

BMWジャパンはステータスなBMWを楽しんでみるために最適かもしれません。

BMW(バイエルン発動機株式会社)は、ドイツ拠点とする自動車メーカーです。創業は第一次世界大戦前の1916年、ラップエンジン工業とグスタフオットー航空機工業の2社が合併して、BMWとして創業を始めています。

BMW]ジャパンが誕生したのは昭和56年で、ドイツBMW-AGの100%子会社として設立しています。

高級輸入車の代名詞ともいわれるBMWですが、1,000万円以上のBMWともなると、会社経営の方などが経費で購入している例が多いようです。

比較的安いのがBMWの中古輸入車です。

たとえ古くてもステータスな憧れのBMWに乗れるのですから、20万円前後とまではいかなくても、BMWの中古車には特別の人気があります。

少し無理をすれば憧れのBMWの中古車ですが、問題は維持費です。

輸入車は国産車に比べて燃費が悪いというのが定説ですが、傑出したBMWの技術は、CO2排出量もかなり抑えられるともに、燃費もかなり抑えられています。

燃費が抑えられるのは、BMWは時代が求める環境性能にも力を入れて開発し、クリーン・ディーゼル、アクティブハイブリッド、高効率直噴ガソリン・エンジンがパワーと燃費性能を両立させているからです。

また、BMWは車体が大きすぎて、入らない立体式駐車場があるのではないかと心配される方もいます。

しかし、ご安心ください。BMWは日本のマンションの立体駐車場にも対応できる設計になっています。

輸入車のなかでもステータスでは1、2を争うBMW。購入するならBMWジャパンがおススメです。

このページの先頭へ